社長

 波打つ時代の中で生き残ってきた歴史

現在の社屋、工場がある場所はもともとのどかな農地でした。しかし昭和34年(1959)の伊勢湾台風で海水が入り、しばらくは農業ができない土地となってしまいました。そこで名古屋市が工業団地としてこのエリアの開発を進める
こととなり設立されたのが、大同工業、岩井産業(現在の双日株式会社)が共同で起こした会社、新星工業でした。
創業当時は二輪車のスポークを主に製造しており、国内7割のシェアを誇るまでに成長しました。その後、時代の移
り変わりとともにさまざまな鋼線を扱うようになりましたが、時代に対応しながら培われた技術は、しっかりと今に
受け継がれています。

 

 多様なニーズに対応できる技術力

日本製鐵株式会社、大同特殊鋼株式会社を中心とする線材製品の二次加工に特化し、鉄鋼市場の中で自動車産
業に限らず、さまざまなメーカー様より長年に渡って評価をいただいてきました。
工場内には、硬鋼線・ピアノ線、冷間圧造用炭素鋼線、ステンレス鋼線などさまざまな鋼種を取り扱うことができる
ラインを設け、特にこの3種を同一工場内で製作する、国内でも例のない工場となっております。また機械化した工程内でもマンパワーを発揮し、精度の高い、多様なニーズにこたえた商品づくりが最大の特徴です。約50年培った経験
により高品質な製品をよりスピーディーに、各メーカー様にお届けしています。
新星工業の経営の根幹は「活性化した現場で鍛えられた”ものづくり”の実力」=「現場力」です。このさらなる向上
目指すとともに、これからの世代へと技術の継承を行ってまいります。

 

 地域・環境・社会とのつながりを大切に

工場、社屋ともに、塀のすぐ向こう側には住宅が建つ場所もあります。住宅街の中という立地から、地域住民との共
生は会社経営の必須条件です。20年以上前から敷地に体育館を増設し、地域住民の方々に開放するなど、より身近な
存在になること、何をしている会社なのかを知ってもらうことを行ってきました。定期的に工場見学も開催し、地域
の小学生たちに、どんなものを作っているかを紹介する機会も設けています。
さらに、地域住民との対話の窓口である環境対策室では、騒音、大気汚染、振動などを独自に測定。環境への影響を
把握、管理して、常に公開できるようにしています。
地域住民、地球環境への配慮はもちろんのこと、株主様への利益還元、従業員の生活の安定、お客様との共存共栄、
地域社会との調和など、あらゆるステークホルダーとの関係性を大切にしながら、社会に貢献し、ともに発展する会
社を目指します。

 

 そして…

50年以上続いているこの歴史を、さらにまた50年続けられるように…。
皆様の期待に応えられる会社を目指し、これからも時代の変化に柔軟に対応しながら、技術、マンパワーの向上に勤
め、確かな”ものづくり”を進めてまいります。